ご挨拶

はじめまして 林源太です。
作家が手がける漆の器を、日常のくらしに気軽につかっていただけたら。。。そんな思いで製作しています。

 ”口に触れた時の暖かみ” 

 ”自然がもたらす柔らかな色合い”

 ”使うほどに増す艶”

そんな漆のすばらしさを作品を通して皆様に知っていただけたらと願っています。

個展スケジュール

10月30日(金)~11月7日(土) 福岡 しょうざんどう高宮店

11月25日(水)〜11月30日(月) 奈良 五風舎

12月9日(水)〜12月15日(火) 大阪 梅田阪急百貨店


■News■

  ※※※[案]投稿一覧(カテゴリ指定) ここには、投稿された最新5件を表示 ※※※

  • Genta&Kaori urushi exihibition/2021.4.25追記
    Genta & Kaori Urushi Exhibition 豊中 お伽工房  4月18日(日)〜4月25日(日) 11:00〜17:00 林源太・林香の二年ぶり二度目の二人展、おかげさまで無事終了致しました。 […]
  • Tea ceremony style
    晴れやかな御祝いの日に、何気ない日常に。 心の和むお茶の時間はいかがでしょうか? 1から木地を彫り上げ、ひとつひとつ丁寧に仕上げた一揃いです。お湯呑みは燻銀黒塗りとプラチナ粉を蒔いたものとの2種。
  • 梅御重箱
    お客様より梅の御重箱のご注文を頂きました。 幾度かご相談の上、仕切りは多様性のある形に。 強力な磁力のあるマグネットを埋め込み自由自在に使える仕切りになっています。
  • 漆絵 rainy crescent moon
    パネルに麻布を貼り、色漆で絵を描きました。 麻布の繊維が雨の様に浮き出て、不規則な糸の線が光を反射する仕様です。その時々の光線の加減で暗くも明るくもなり、見る人の心情に寄っても感じ方の変わる、不思議な色味の作品になりまし […]
  • 新作 しのぎ六寸丸木皿 製作工程
    丁寧にひとつづつ手彫りの線を入れた六寸の木皿です。 その時々の彫りの深さ、漆の色味、艶、それぞれがオンリーワンの器です。 上から青壇塗、本朱、緑檀塗、燻銀黒、黄口の五つの色を作っています。

■お願い■

普段は作品製作をしておりますので、見学をご希望の際は、お手数ですが事前にご訪問ご予約のお電話・メール等お願いいたします。展示会期間前や期間中など自宅ギャラリーに作品が展示されていない時期等もございますのでご了承のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


■見習い募集■

工房で働く事ができる方を募集しています。